【朗報】マジかよ!髪の毛200本抜いたら6倍の増毛になる研究結果!

_82209861_thinkstockphotos-136159846
もう少し髪の毛があったら・・・と思っている人にとって、にわかには信じ難い、というより実行するにはちょっと勇気がいるようなと感じられるニュースです。アメリカの科学者の研究によると、髪が欲しいなら抜いたほうがいいというのですが、さてその根拠とはいったいどんなものなのでしょうか?


276964EE00000578-3032255-image-a-5_1428613368243

ー200本抜いて生え変わってくる髪の本数は?

髪の悩み、皆さんありますか?少し髪が少なくなってきたな?薄くなってきたなと感じている人は、髪を大切に扱っているのではないでしょうか?かなり少なめになっている人ならなおさら。サザエさんの波平さんは、あのてっぺんに残っている1本を大切に大切に扱っていますよね。ドライヤーをかけたり、クシでとかしたり、いたわっている様子を見たことがある人はたくさんいるかと思います。しかし、少なくなった髪の毛は大切に取っておくのではなく、思い切って抜いたほうがいい!という研究結果が出たというのです。
アメリカ・南カリフォルニアの科学者の研究によると、髪は200本抜くと、最大で6倍になって生え変わってっくることがわかったというのです。この再発毛の効果を得るための条件としては、一定の範囲にある髪の毛を思い切って全部抜く必要があるというのです。
200本って結構な量ですよね。髪の毛が薄くなって悩んできている人が果たしてその量を一気に抜くことができるものでしょうか?


マウス実験によると・・・

今回の研究はマイス実験です。マウスの毛をいろいろな面積に区切って、200本の毛を抜いて1ヶ月。面積が小さく密集した毛を抜いた部分で”少なくて”抜いた毛の2倍、マウスによっては
1300本もの毛が生え変わってきたマウスがいるということなのです。毛を抜いたことによって、科学的なSOSのようなもの、つまり、「毛がないから生えさせろ!」という感じの信号が細胞に刺激を与えるらしいのです。
毛根に元気がなければ意味がないのでは?と疑ってしまうところですが、元気がない、休眠中のような細胞にもある意味、ショックのようなものが与えられて発毛に役立つ細胞が活動し始めるというのです。この研究は、薄毛で悩む人たちへの新たな治療方法に繋がる可能性があると、大いに期待しているようです。

■必要なのは勇気とひと手間?
生えてくる保証があるのなら200本くらい試してみる?という勇気が果たして出るでしょうか?まだまだマウスの実験段階なので、人間にどの程度効果があるのかは微妙です。この効果を得るには、いくつかの条件があります。
まずは面積。広い範囲ではなく、きゅっと密集した面積が効果的なようです。そして、次に抜き方。200本を1本1本、丁寧に抜くこと。なぜかといえば、そのSOS信号のようなものを出すためには抜くときに感じられるある程度の刺激が必要なようなのです。この段階で試してみよう!と思う、薄毛の人は少ないはず。次は人間での研究結果を待ちたいところです。
個人的な話ですが、抜け毛が増えた時期があり、このまま薄くなってしまうのかと心配したのですが、その頃から髪の毛の量が多くなりました。これも細胞へのSOS信号と関係しているのでしょうか?

参照元URL
BBC NEWS
http://www.bbc.com/news/health-32233570
mailOnline
http://www.dailymail.co.uk/health/article-3032255/At-cure-baldness-Scientists-discover-regrow-hair-long-prepared-pull-first.html

(ライター:HaLu)

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。