ギャア!去勢手術から目覚めた猫、ショックで悲劇の形相

飼っている猫を去勢手術で妊娠させないようにするという、生物にとって最も残酷な手術がございますが、つくづく「猫にうまれなくてよかったな」と思う次第でございます。そもそも去勢するということは、子孫を残すなという何とも生きる目的を失うような衝撃的な屈辱を味わうわけですが、それがもしわかった場合どうなるのでしょうか。

6ヶ月の猫「ミロ」ちゃんは去勢手術から目覚め、自分のアレが無いことを知り衝撃的な顔をして金切り声をあげたといいます。6ヶ月といえば人間でいえば10歳ぐらいのやんちゃざかりですが、いずれにせよ自分の体の一部が突如目覚めたら消えていたということになれば相当な精神的なダメージでしょう。この顔はわかります。

この顔に飼い主はただただ笑い転げたといいます。

確かに「まじかよ!」という表情で面白いといえば面白いのですが、どうも想像しただけで股間がキュッとしてしまいそうです・・・。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3170559/But-Hilarious-moment-pet-cat-Milo-wakes-routine-operation-realise-given-snip.html

(秒刊ライター:たまちゃん)

26 COMMENTS

ネコみたいな男

俺も去勢してくれ~‼︎はあはあっ、、

秒刊名無しさんでー

殺処分より虐待()のほうがマシだろw?
人間界にいる猫のためなのに虐待かどうかも怪しいところだろw
馬鹿沸きすぎw

秒刊名無しさんでー

残虐性もまた否定できないよ(笑)だって
じゃあ増えて殺処分される猫お前が全部引き取れよ。
斜に構えることがかっこいいと思ってんのかよ厨二。

秒刊名無しさんでー

ショック受けるよ。目が覚めて去勢されてたら人間なら絶望してる。

秒刊名無し

部分麻酔で感覚麻痺してるんだよ
しばらくよたよたして上手く歩けないし
無いはずの睾丸も取ったばかりは腫れてて
まだ残ってるようにみえる

秒刊名無しさんでー

虐待というなら『飼う』という行為の段階で既に似たようなもんだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。