【コレは怖い】中国で「墓守ロボット」が開発される!いろいろな意味で怖いと話題に

jpg790x600

墓守と聞くとなんとなく、怪しげなおじいさんがフラフラと墓をめぐり不審者が居ないかどうかを確認するというイメージがあるが、実際はお寺の住職などが、定期的にメンテナンスを行うというのが実態であり、あくまでそのようなベタな墓守じいさんのようなものはあまりみかけない。ところがこちらはベタな墓守だ。


jpg790x600

こちらは中国で開発された墓守ロボットである。見た目はあまりにも恐ろしく何か訴えかけているような不気味でしかない表情だが、この顔のお陰であまり不審者が墓に近づかないようになるだろうという目論見だろう。ただこれでは普通の客も恐ろしくて近づけないのかもしれない。本当に不気味過ぎる一体なぜこんなところに力を注いでしまったのか。

jpg790x600
jpg790x600

現在は後ろに車椅子の乗務員がおり、そこで操作をするということだが、今後は自力で墓を守れるようにするのだという。しかしもしそれがかなわない場合は、このような状態で墓を徘徊するのかと思う。

jpg790x600

あまりにシュールすぎるが、自力で動けないのだとするとあまり意味が無いような気も致します。情報によると開発には数百万元かかっているとのことなので、日本円にすると1千万近くでしょうか。

それのほうが恐ろしい。

墓守といえば、ゼルダの伝説のダンペイですね。

掲載元
http://tt.mop.com/16107037.html

(秒刊ライター:たまちゃん) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。