byokan2

秒刊サンデー宛てに警察から捜査協力依頼があった、内容は秒刊サンデー内に他人の本名を書き、誹謗中傷を行ったという事だ。該当のコメント欄を確認したところ確かに問題と思われる氏名と学校名が記載され、更に誹謗中傷を行っているような内容が確認できた。今までは他人を殺害するなどと恐喝するコメントは真っ先に捜査対象となってきたが、今後は本名の記載もアウトなのかもしれない。

byokan
画像

県警が指摘記事のコメント欄には、確かに本名と学校名が記載されていた。秒刊サンデー側で判る範囲で情報を調べ捜査協力を行ったが、現時点でそれが誰の名前なのか、何が起きたのか、そもそもどのような経緯で今回の問題が起きているのかは不明だ。

しかし、掲示板やこのようなコメント欄に他人の「本名」を記載することで県警が動き、投稿した本人に何らかの処置が下ることは間違いなさそうだ。たとえば、2ちゃんねるなどで一般の方が炎上した際に安易に特定された本名や住所などの個人情報を投稿することは大変危険だ。結果、2ちゃんねる側がIPなどの個人情報を提供すれば、今度は自分が特定されてしまうのは時間の問題だ。

今までは他人への殺害予告などに対しては警察のフットワークが軽いと思われていたが、それは大きな間違いのようだ。明るみにならないニュースとして今までもそうだったのかもしれないが、「個人情報」などが特定できる投稿内容を記載した容疑者も例外なく逮捕される可能性もありそうだ。

今後も書き込みを行う上では十分注意したい

(ライター:たまちゃん)