ss

内戦中のシリアで日本人男性(湯川遥菜さん)がイスラム過激派組織「イスラム国」に拘束されたという報道を受け、ネットでは既にこの人物が、某民間軍事会社の代表であることを突き止めていた。過激派によると武器を持っている理由などを尋ねられているとのことだが、果たしてこの問題はどうなっていくのか。無事生還できればよいが今後政府の対応を見守りたい。


ー会社のホームページも発覚

ネットユーザによって「湯川遥菜」さんの会社のホームページや個人的なブログなどの情報も出てきた。さらにYouTubeやFacebookなどでも活動写真などが発覚しており、某民間軍事会社の代表であることが判明している。

武装勢力により、なぜ武器を持っているのかという疑問をつきつけられているようだがもしこの情報が武装勢力に発覚すれば、単なる「写真家」というスタンスが崩され、一気に緊張感が高まるのかもしれない。


ー不確定情報も拡散中

また、ネットでは本件を武装勢力などに本件を通報したという情報もあるが、現在のところどこまでが事実なのかは明らかになっていない。


(ライター:たまちゃん)