01

女優の川島なお美さんが亡くなり世間は悲しみに包まれている。そんな中、彼女が抗がん治療をしなかったという報道がされており、理由としては「女優としていきたいから」という内容で認知されております。ただ一方で、民間療法を信じ頑なに拒否したという情報もありどれが真実なのかはわからない状態となっておりましたが、過去のブログに真実は語られておりました。


―「この人になら命を預けられる」そう思える先生と出会うまで手術はしたくありませんでした

川島なお美さんのブログには、なぜ抗がん剤治療を行わなかったのか「真実」というタイトルで2014年3月27日に投稿されておりました。

その記事の内容によると以下の様な記載がされております。

言われるがままわけもわからずただ切られる、とか不必要な抗がん治療を受ける、とか私は反対です
自分のかかった病をよく研究し戦略をじっくり練りベストチョイスをすべきお医者様とも相性があります

「この人になら命を預けられる」そう思える先生と出会うまで手術はしたくありませんでした
幸い覚悟を決めてお任せできるドクターに出会えたのですがそこに至るまでにはとんでもない医者もいました

「とりあえず切りましょう」

私「いいえ良性かもしれないのに外科手術はイヤです」
「ならば抗がん剤で小さくしましょう」

私「悪性と決まってないのに?仕事が年末まであるのでそれもできません」
「ならば仕事休みやすいように悪性の診断書を書いてあげましょう」
は〜〜???(病理検査もしてないのに!)

もうここには任せられない!!すたこらさっさと逃げてきました
本当にいろいろなこと勉強になりました

素晴らしい民間療法との出会いもありました 

どうやら川島さんは信頼できる医者に会うことが出来ず、最初は手術・抗がん治療を行わなかったとみられる。その後民間療法と出会い、闘病し続けたということだ。

引用:川島なお美オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/naomi-kawashima/entry-11806042988.html

続報:療法は「ごしんじょう療法」と判明!
http://www.yukawanet.com/archives/4943596.html

 (秒刊ライター:Take)