40C74B7900000578-0-image-a-21_1495720216250
6月も中旬となり夏らしい気候が近づいてきました。夏といえば海水浴にかき氷にスイカなど色々思い浮かびますが、お酒好きな人に聞くと迷わず「ビール!」という答えが返ってくるのではないでしょうか。暑い夏に飲むビールは、他の季節に飲むものとは一味も二味も違うもの。今回はビール大国ドイツがこの夏に向けて考えた、とんでもない計画をご紹介します!

今年8月の初めにドイツ・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州で開かれる、音楽祭。

ヘビーメタルの音楽祭としては世界一の規模を誇るだけあり、10万人もの音楽ファンが会場に押し寄せます。

さてこちらの音楽祭、楽しめるものは音楽だけではないんです。

ドイツといえば、そう、ビール!夏のさわやかな気候の中、会場ではたくさんの音楽ファンが音楽と大量のビールを楽しみます。

そんなビール好きな観客の欲求を満たすために考えられた、画期的なアイデアがこちら!


40C74B1D00000578-0-image-a-25_1495720250572

ビールを送る地下バイプラインです!

4マイル(約6.5キロ)続くこのバイプラインで、音楽祭の会場外から会場内に大量のビールを流し込もうというとんでもない計画。

ビール好きの観客たちがあふれる会場内では、なんと6秒間に6パイント(1パイント=約568ml)という高速でビールを注ぐことができるようです。


40C7499700000578-4541762a-2_1495724543829

作られるビール・ラインは、大規模ですが仕組みは簡単。

ビール工場からフェスティバル場外まで大型トラックのタンクでビールを運び、タンクに直接パイプラインをつなげて場外から場内にビールを送りこみます。

1台のタンクで25,000リットルのビールを運ぶことができ、パイプラインでは全部でなんと約40万リットルのビールを送ることになるんだとか!

ドイツ人のビール好き度、半端ないな・・・


40C74B4200000578-0-image-a-27_1495720282359

昨年までは大きなビール樽からビールを注いで販売していました。

しかし、今年からはこのビール・ラインで、「今すぐビールが飲みたい!」というお客さんを待たせることなく、さらに多くのお客さんにビールを飲んでもらえるようになりそうです。

ビールを販売するお店側にとっても、ビール大好きな観客にとっても嬉しいこの計画。

上の写真のように地面を掘ったらビールが出てくる、ということはなさそうですが、ビール大好きなドイツの人たちらしいアイデアですね。




掲載元
http://www.dailymail.co.uk/news/article-4541762/Four-mile-pipeline-pump-BEER-German-music-festival.html

(秒刊ライター:もりさん)