13
人気漫才コンビ「ダウンタウン」の松本人志さんが、毎年年末に放映されます人気番組「ガキの使いあらへんで」の「絶対に笑ってはいけない」シリーズの中に登場するお仕置き「ケツバット」が廃止されることについて真っ向から否定していることが明らかになりました。これはご自身のツイッターにて発表されております。


松本人志さんはご自身のツイッターにて「ケツバット廃止か。ってどえらいガセなや東スポ。」とケツバット廃止説を否定しております。これは同番組内のルールで、万が一笑ってしまうと行われるお仕置きで、謎の男たちが笑ってしまった芸人に近寄り、スポンジ状の棒でケツバットを行うというルールです。これがどうやら、いじめ助長につながるのではないかということで日テレ内からも自粛する声が出ていると東スポが報じております。

ガキ使SPの罰ゲーム「ケツバット」廃止か
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/785785/

いじめ助長につながっているかどうかは明確には分からず、現時点で判断をするには尚早なのかもしれません。また人気の高いこのシリーズで名物を無くせばかなりの痛手です。

ネットでも「いじめ助長につながる」という見解に否定的な声が多いようです。

はたして本当にケツバットがなくなってしまうのか、それとも今年も元気にケツバットが見られるのか、今年の年末もガキ使に目が離せません。

(秒刊ライター:たまちゃん