kasji
過ごしやすい季節になってきましたね?秋の気配を色濃く感じる今日この頃。秋と言えば、食欲の秋。ということで、今回は食、それも魚に関する難解漢字をお届けしたいと思います。よく目にする鯛、鰯などではなく、え?読ませえる気ある?と疑いたくなる例題を出題していきます。こちらの問題は、漢字検定1級です。答えられた方は漢字博士級かも?

まずは平均的なお魚の名前から!

tori

秋刀魚

今の季節が旬!秋刀魚!
これは読めて当然ですよね?由来は諸説ありますが、秋に獲れる刀のような形をした魚。という意味の当て字が一般的です。また、物と物の間が狭いことを指す狭間からサンマと呼ばれるようになったという説もあります。

kasji

鶏魚

スズキ目の魚で、体長は40cmにも達するこのお魚。イサキと読みます。特徴的な背びれが鶏の鶏冠に似ていることからこの名前がつきました。また、磯に生息するから磯魚(イサキ)と表記する場合もあります。


kajiki

舵木

大型でトローリングフィッシングでも人気なお魚。カジキと読みます。特徴的なのは、すらりと伸びた吻です。この吻で獲物を叩き気絶した所を捕食、または突き刺して捕食する習性があります。

名前の由来は、吻が船を突き刺すことから舵木(カジキ)と呼ばれています。
どれもカタカナ表記で漢字を見たことがないお魚ばかりでしたね。

正解率6%「東雲」も難しかったわけですが

漢字検定一級に、魚の読み方が出題されるなんて、日本人って本当に魚が好きですね。

(秒刊サンデー:mochiko