08
年末の日本テレビ「ガキの使いあらへんで」の「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時」にて、浜田雅功がエディーマーフィーのモノマネとして黒塗りをした演技が、黒人差別だと言われ、世界的に叩かれてしまっている問題に関して、本日フジテレビのワイドナショーで同じく出演していた松本人志が持論を語りました。

ー結論黒人差別問題は「浜田が悪い」


結論として浜田が悪い。
と松本人志さんは、ツイッターで結論づけております。これは本日放送されたフジテレビの「ワイドナショー」での結論ではありました。一見かなり投げやりな意見のような気も致しますが、経緯としては以下のような流れでした。
安藤「エディーマーフィーに扮したところまでは良かった、それを笑いのネタにしたことが黒人を笑ったことに繋がる。」

松本「浜田はエディーマーフィーの自宅まで謝りに行くべき。」(会場爆笑)

ヒロミ「そういうものに関して日本人は疎いのかもしれない。」

もふくちゃん/福嶋麻衣子「黒塗りが世界中でだめなことにされている、世界中の目が増えた、国際的な立場という意識がない。」

松本「ようするに浜田が悪い」
※ 安藤:安藤優子さん、もふくちゃん/福嶋麻衣子:でんぱ組.incのプロデューサー

このオチに番組内では笑いが発生。ネットでも今回の問題を浜田が悪いという「ボケ」に持っていった松本人志に、多くの賞賛が集まっております。

また今後バラエティで、黒塗りは無しにするのかという議論に於いて、もしナシである場合、黒塗りをした人は浜田と同じぐらい叩かれないと「浜田差別だ」と持論を展開しました。

ネットではこの「浜田差別」「浜田が悪い」論に多くの意見が集まっております。

SNSが世界的に使われることにより、どんな小さな意見も「可視化され」注目を浴びやすくなりました。

今回の発端もSNSのとあるユーザーの発言によるものでした。

今後も日本のみならず世界中の「目」があることをテレビ業界は意識しなければならない時代になったのかもしれません。

ー今回の騒動に関する意見を募集します。

   (秒刊サンデー:たまちゃん)