58
ゆずの新曲である「ガイコクジンノトモダチ」という歌詞があまりにも政治的すぎるということで炎上しております。内容としては日本人の誇りを持ってはいけないのかと問いかけるような内容ではあるのですが、そもそもあの爽やかなゆずが、このような政治的な要素を入れたメッセージ性強い歌詞を作ることにファンは困惑しております。

ー歌詞の内容が過激

yuzu
話題となっている歌詞は、ゆずの新曲「ガイコクジンノトモダチ」というものです。そのまま要約すると、外国人の友達が出来た、彼は日本が好きだった。だけれど自分は日本のどこが好きなのかを答えることが出来なかった。素直に日本が好きと言えないこの状況はどうなんだろう。

というものです。
何処にでもありそうな問いかけではあるのですが、特に歌詞の中に政治的な要素の強いキーワードが頻繁に出てくることで更に良からぬ方向に行っております。

外国人の友達が祈ってくれました 「もう二度とあんな戦いを共にしないように」と TVじゃ深刻そうに 右だの左だのって だけど 君と見た靖国の桜はキレイでした この国で生まれ 育ち 愛し 生きる なのに どうして胸を張っちゃいけないのか?

この国で泣いて 笑い 怒り 喜ぶ なのに 国旗はタンスの奥にしまいましょう
この歌詞に、ジャーナリストの津田大介さんも「確かにパンチが効いている」とコメントしております。

ということで、前おきはこれぐらいにして、この歌詞について多くのバッシングを浴びている件について説明しますと、後半に出てくる「国旗を隠さなければならない」と言う歌詞。

隠そうとしている人などいない!と突っ込まれているようです。

確かに、国旗をタンスにしまうなんてことはあまり実施したことはないことだとは思われますが、別の意味の隠喩としてまさしく「本当の意味」を隠しているのかもしれません。

ゆずの言う「国旗」とは何か。「胸を張る」とはなにか。

それを考えると、やはりこの歌詞の奥深さを感じさせられます。

以前ジャスティン・ビーバーが靖国神社に訪問した際も問題になりましたが

名のしれた有名な方が、安易にその言葉に触れてしまうこと時点で相当な覚悟が必要になってくるのかもしれません。

画像掲載元:Amazon

 (秒刊サンデー:たまちゃん