スクリーンショット 2018-06-08 8.30.34
今年は例年に比べ台風が日本に接近してくる日にちが早いと心配している方もいるのかもしれませんが、はやくも台風5号が日本に接近してくるようです。通常であれば8月9月ではありますが、この時期から接近となると、直撃はしなくても梅雨前線との影響で大雨をもたらす可能性もあり十分な警戒が必要です。

ー直撃はしない・・・


ウェザーニュースの情報によりますと、午前3時に台風5号が発生、しかも進路的には日本に接近してくるようです。ただし、直撃する可能性は低く南を通っていくようではありますが、梅雨前線の影響で激しい雨が降る恐れもあるのです。そのため、突如の大雨に見舞われ、河川が氾濫することも考えられますので十分に警戒は必要です。

スクリーンショット 2018-06-08 8.38.57
ヨーロッパの気象サイト「ecmwf(ヨーロッパ中期予報センター)」の予測でも南海上を通過するというルートです。

気象庁のデータによりますと、中心気圧 996hPaで最大風速 18m/s(35kt)、最大瞬間風速 25m/s(50kt)となっております。

6月の台風の発生が早いのではないか?と心配になっている方もおられますが統計的には毎年2〜4つの台風が発生しておりますのでそれほど珍しいことでもありません。

http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/typhoon/statistics/generation/generation.html

なお、11日には975hPaまで勢力を強めると予想されております。


画像掲載元:気象庁
https://www.jma.go.jp/jp/typh/1805.html

 (秒刊サンデー:たまちゃん)