【人間じゃねえ】アルソックCMで吉田沙保里は「自力で張り付いていた」と噂→本当でした。

 

昨日からレスリングが始まり、いよいよオリンピックも佳境を迎えつつあります。普段、レスリングには興味が無い方も、吉田沙保里が出るとなれば、また連覇をするんじゃないかと期待をするため、なんとしてでも見たくなるわけです。さてそんなか、吉田沙保里といえばあのCMが大人気ですが、あのCMでとんでもない噂があります。

ー壁に自力で張り付いていた!

 

吉田沙保里はアルソックCMの中で、目からビームを出しそして壁に張り付く。その名も「安心戦隊ALSOK」とても人間とは思えない能力を発揮する。もちろんCMの演出ではあるが、実はこれ目からビームはさておき、壁に張り付くのは「自力で行っている」という。

公式サイトのコメントにはこのように記載されている

「安心戦隊 ALSOK」のコスチュームに身を包んだ吉田選手が、おばあちゃんを見守る光線を発するシーン。天井に張り付く特殊な撮影のため、吉田選手には少し無理な姿勢をお願いすることになりました。

「安心戦隊 ALSOK(秋)」篇
http://www.alsok.co.jp/cm/20/

※写真:アルソック公式サイト

はたして 今回は「安心戦隊ALSOK」としての能力を発揮し、オリンピック4連覇を制覇してしまうのか、それともそれが途切れるのか、注目が集まる。

吉田沙保里選手に群がる「マスコミ」があまりに酷すぎるとネットで話題に
../archives/5093438.html

(秒刊ライター:Take)

25 Comments

秒刊名無しまんでー

目からビームが自力なんだろ?

秒刊名無しさんでー

スタッフが支えてるよ
誰も疑ってないということ自体が凄いんだよ

秒刊名無し

CM公式サイトでは、そのすぐ下に「吉田選手を支える役を果たしたスタッフに「きつくなかった?」とやさしい気遣いを示してくれました。」と書いてあるわけですが

秒刊名無しさんでー

オリンピックお疲れ様でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。