sick_mouchou_chusuien
ちょっと世の中には理解できない症状で入院してしまう方は多いようですが、やはり我々の思っている普通は一般的に通用しないのかもしれません。例えば、食べ物を我々は「食べられるモノ」を何となく感じ取ることが出来るわけですが、それを感じ取ることが出来ない人もいるのです。そんな症状に悩むヒトが話題となっております。


ースプーンなどを食べ続けた男

bitcoinIMGL3741_TP_V

今回話題となっているのは、フランス人の男性で、腹痛で入院。なんと数年間に渡り「コイン」「スプーン」「釘」「ワッシャー」などの金属を食べ続けたということです。またその金属は体から排出されることなく、そのまま胃の中にずっと蓄積し続けているということです。その数はなんと100個以上にも登るということです。

実はこの男性、度々腹痛で入院してはこのような手術を受けているということです。しかし、一向に食べることをやめようとしないようです。

いろいろな理由があるのかもしれませんが、それを辞めることが出来ないという症状であり、知らず知らずのうちに口にしているのでしょう。

世界には胃の中に弟が寄生していたという症状もありました。

はたして、本当にこの男性が回復に向かうことはあるのでしょうか。

画像掲載元:ぱくたそ / いらすとや

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/health/article-4949022/Doctors-removed-100-pieces-metal-man-s-stomach.html

(秒刊サンデー:たまちゃん